いらなくなったベースを買取に出す際に知っておきたい!ベース買取の役に立つ基礎知識をご紹介

ご自宅で眠ってるベースはもしかすると宝の持ち腐れになってる可能性が大いにある為、ベースの知識が無い人もある人も使ってないのならお金に変えた方が貴方の人生が豊かにきっとなります。
買取業者を通す事はお客様にとっても個人間で売買するよりもトラブル無く、適正価格にて査定するというメリットがあります。
基礎知識が無い方でも大歓迎!多くの方々とお取引させて頂きお客様満足度90%以上、シングルネックの最高本数は18弦です。

ベースの買取サービスを行っているのはどのような業者?

ベースの買取サービスをしている業者を利用すれば、不要になったものを売ることができます。
こうしたサービスをしていることが多いのは、楽器を買い取っているお店です。
中古の楽器を自分の店舗で販売しているお店もあれば、他の人に売却することを目的としていることもあります。
このようなタイプのお店には2つの種類があります。
楽器だけを専門に買い取っている店舗もあり、こうした店舗には楽器のことに詳しいスタッフがいることも多いです。
もう一つの種類の店舗は、楽器以外の商品も売却できるお店です。
リサイクルショップを運営している店舗なども、不用品としてベースを顧客から購入していることがあります。
売りたい人は、これらの店舗の中から好きなお店を選んで売ることができます。
所有しているベースを高額で売却したい場合には、複数の店舗で査定をしてもらった方がおすすめです。
査定をする業者によって、ベースの買取価格が大きく変わることもあります。

ベースの買取サービスを利用する際の流れとは?

ベースの買取サービスを利用する際には、写真を撮影しその状態などを適切に伝えることから始まります。
その前にブランド名や型式等を伝えることで概算の金額を算出してもらえることも多いのですが、最終的には現物を送ることで細かな査定を行い、買取金額を算出するのが流れです。
ベースの場合にはギターに比べその需要が少なく、一般的には価格が低くなる傾向が強いと考えることが少なくありません。
しかし流通量が少ないことから様々な理由により高額となることも多く、特に希少価値の高いものは高値がつきやすいのもポイントとなっています。
写真を撮影する際には様々なポイントを明確にわかるようにすることが重要で、内傷等がある場合にはこれを正直にわかりやすく申告することが良い方法となります。
実際には現物を見て判断することになりますが、事前にこのようなダメージをお知らせとことで、相手側の信頼度も高まるため高額となりやすいものです。
この流れを知っておくことで、効率的にサービスを利用することが可能です。

即日でベースを買取ってもらうことは可能?

即日でベースを買取ってもらうことは可能です。
ベースギターを売却する際には、いくつかの方法や要因を考慮する必要があります。
業者やショップを選ぶことが大切です。
地域によってはミュージックショップや楽器専門店が数多く存在します。
いくつかのステップを踏むことが一般的です。
まずきれいに清掃し動作が正常であることを確認しましょう。
楽器が良好な状態であれば、査定額が高くなる可能性が高まります。
次に業者に連絡を取り種類やメーカー、年式、状態などの情報を提供し、査定の予約を行います。
予約をしておけば待ち時間を最小限に抑えることができます。
査定日には楽器を持参して査定を受けます。
査定員は詳しく調べ、市場価値を考慮して査定額を提示してくれます。
提示された金額が満足できる場合、即日で買取成立となり、現金や振込などの支払い方法が提供されます。
ただし査定額はベースの状態や需要によって変動することがあるため、複数の業者から査定を受けて比較することをおすすめします。
また査定額に満足しない場合は、売却を見送る選択肢もあります。
最後に成立後は楽器を渡し、必要な書類や手続きを完了させることになります。
手続きがスムーズに進めばすぐに買い取ってもらうことができます。

壊れたベースでも買取りしてもらえる?

壊れたベースは、そのままでは楽器としての利用価値がほとんどないため、買い取ってくれないと考えられがちです。
実際に、楽器の買取を行う業者を利用したことがある人の中には、壊れているベースを買い取ることを断られたとするケースは少なくありません。
しかし、全てのケースでそうなるわけではなく、依頼する業者によってはきちんと値段をつけて買い取ってくれます。
人気のある商品であれば、依頼者の想像を上回る値段がつくことがあるでしょう。
買取業者が壊れたベースでも取り扱う理由は、その業者のスタッフの中に楽器の修理の技術が高い者が在籍しているためです。
壊れている状態であっても、チェックをした結果修理が可能であり、直すための部品もあれば、再販売を行って収益を得ることができます。
特に、楽器を専門に取り扱っている業者の中に、このようなスタッフが多く在籍しているので、壊れているベースの処分を考えている場合は専門業者の中から売却に応じてもらえそうな所を探すと良いでしょう。

ベースを高く買取ってもらうには相見積もりを行うことが重要

ベースの評価は各店によって違うことから、査定を受けた際に提示された金額に大きな差が出ることがあります。
メーカーや型番、使用年数、細かな傷や汚れのほか、現時点でどのような音を奏でられるのかも重要です。
また、1店舗しか査定を受けなかった場合、思わぬ安値になってしまうケースも少なくありません。
そんな時におすすめなのが、複数の店舗で見積りを出してもらう相見積もりをするのことです。
品質の高いベースなら買い取った後で中古販売する際にもリセールバリューが高く、それを入手するべく競争原理が働き、ぜひ売却して欲しいと査定額を釣り上げてくる可能性があります。
相見積もりをしていること伝えればそれ以上の金額を提示するケースもあり、お得に売却できるチャンスがあります。
これらの店舗でベースを売却すれば現金が入手できるのと同時に、お店の側は優良な在庫と収益を得ることができ、次に購入するオーナーが演奏を楽しむことができるという双方にとって嬉しい循環が生まれます。

付属品の有無でベースの買取金額は異なる

楽器にも色々な種類がありますが、重低音でリズムを刻むベースに魅せられている人も多いのではないでしょうか。
理想の音や快適な弾き心地を得るためには何本か試して、比較することも多くあります。
気に入ったものは長く愛用することになりますが、そうでなかったものはほとんど使わないというケースも出てきます。
使わないベースがある場合は買取で現金化することも考えていきたいところです。
中古品でも人気ブランドのものや希少性の高い商品は高額査定になる可能性もあります。
ベースを売るときは、楽器のみを査定してもらうこともできますが、同じ手放すのであればできるだけ高値がつく工夫もしておきたいところです。
購入するときは、ケースなど付属品がついていることがほとんどです。
付属品が揃っている場合とそうでない場合は査定額にも影響が出ることがあります。
ケースなどが残っている場合はできるだ揃えておき、新品に近い状態で査定をしてもらうことをおすすめします。

買取前にベースの汚れを落としておくのがおすすめ

ベースを買取に出す場合は、汚れを落としておくことが良い方法となります。
楽器は音質やその他の機能が重要となっているため、外観はあまりその金額に影響しないと思われることが多いのですが、実際には見た目も重要な要素となるため、できるだけ綺麗な状態で売却をする方がより高い査定額を引き出すことができるものとなっているためです。
ベースの場合も丁寧に掃除をしておくことで、見た目に美しく高額査定を引き出すことができる可能性が高まります。
ベースはギターに比べ一般的ではありませんが、それでも大柄で見た目のインパクトがあることから様々な中古モデルを購入し使い分けていると言う人も少なくありません。
このような相手に売却する場合には、見た目のインパクトを重要視することが大切なポイントとなっています。
店舗で購入する場合には見た目できれいなものを選びたくなるものであるため、汚れを落として状態を良くしておくことが、高値で売却することができるポイントとなります。

事前にベースをチューニングしてから買取に出す方が査定が高くなりやすい

学生時代にベースを使用していたが、社会人になってから弾かなくなったので買取に出そうと考えている方が少なくないと思われます。
スペースを取ってしまうので、使用していないのに自宅で保管していると邪魔になります。
人気が高い製品だと高値がつくこともあるので、買取を検討してみてください。
少しでも高く売りたいのであれば、ベースをチューニングしてから出すことをおすすめします。
良いことが出ていた方が査定が高くなりやすいからです。
音に問題があればメンテナンスにコストがかかってしまうので、査定が低くなってしまいます。
買取業者も様々なところがありますが、楽器を専門に扱っている業者の方が安心です。
様々なジャンルの製品を扱っているところは、ベースに関する知識を持っていないスタッフに対応してもらうことになり、適正な価格で買取してもらうことが難しいです。
買取業者選びを間違えてしまうと後悔する結果になる可能性が高いので、注意しなければいけません。

ベースの宅配買取をしている業者がある

今日、ベースの買取を行っている業者の中には、宅配買取サービスを展開している業者が多いです。
利用の基本的な流れはどの業者もおおむね一緒で、業者指定の買取申込書と本人確認書類のコピーを入れて買い取ってほしいベースを梱包し、宅配業者に集荷を依頼して届けてもらいます。
配送料の取り扱いは買取業者によって異なりますが、着払いで送付するよう求め、依頼者側に負担を求めない方針をとっている業者が多いです。
ベースを業者に配送してもらう場合に注意しなければならないのは、なんといっても梱包の仕方です。
きちんと行わないと、業者のもとに品物が届くまでの過程でキズや汚れがついてしまい、査定で評価を下げられてしまう可能性があります。
キズなどがつくのを防ぐためには、移動中にも必要以上に揺れたりしないように資材をつかってベースを梱包することが大事です。
自宅に梱包資材が無い場合は、新聞紙やチラシを丸めて敷き詰めるだけでも十分に揺れを防ぐ効果があるので、工夫をしてみましょう。